気長に待てばいい人にも会える

気長に待てばいい人にも会える

結婚生活に不満があるというより、とにかく色々な事が起こってストレスたまっていたので誰にもわからないように楽しいことしたいなと思ったのがきっかけで出会い系サイトに登録したのがはじまりです。

最初は沢山メッセージがきましたけど、すぐに携帯メール教えてくれとか会おうとかいわれて、まともな会話するまえに個人情報教えたり会ったりできるわけないよね・・・ってことでメッセージだけでこれはダメだってのがほとんどで、もう期待するのはやめようと思っていた所に、一人だけなぜか会話が成り立ち、日常の事などをサイトを使ってやりとりするようになりました。

メッセージを交換する事数か月がたち、なんとなくお互いの仕事のスケジュールや暇なタイミングがわかりはじめたころ、じゃあ会ってみましょうかということになりました。お互いの携帯の番号も携帯メールの情報もなく、本名さえも知らない状態でしたが、お互いの話の雰囲気からそこそこ大きな会社に勤めていて、それなりの収入は得ているだろうというのは確信していたと思います。

お互い忙しいので最初は仕事の合間にちょっと食事することにしたのですが、意外と話も合って楽しく過ごせたのはよかったです。お互い既婚者なので昼間ちょっと食事するくらいなら誰かに見られても仕事関係の人で通りますから、それほど根回しは必要ありませんでしたが、これ以上のことは家族とか職場の人に見られるようなことがあってはいけないので堂々と一緒に遊ぶのはちょっと難しいよね・・・というのはお互いはっきりいわないまでも暗黙の了解はしていました。

その後偶然同じ時期に地方出張になることがわかり、それならそこで夜落ち合うというのがいいかもしれないということになり、ホテルも同じ所を予約して堂々と他人の目を気にせず会える状況になったのは、これも縁なのかもしれません。お互い守る物が同じで、無理して会おうとか変にのめり込んだりしない適度な距離感が保てていたので、お互いいい意味で都合のいい関係になるかも・・・という期待はあったと思います。

出張先で外で堂々と外でイチャイチャするわけにもいかないし、お互い取引先があるので、結局ホテルの部屋にこもることになりましたが、もちろん密室でやることは一つだけです。

体の相性が驚くほどよくて寝るのも忘れて一晩中Hしてました(笑)。なかなかこういう機会はないのですが、お互い無理して会うのも危険なので、無理せず会える時に楽しめばいいかということで落ち着いています。

メールのやり取りは毎日ではありませんが、数日に一回くらいのペースで続いています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です